NO IMAGE

[雑学]他県の人が知らないびわ湖の秘密

こんにちわ、ふみです!

滋賀県といえばやはりびわ湖です。滋賀県のことはよく知らないといっても、あなたもびわ湖のことは知っているんじゃないでしょうか?

ですが、毎年3センチずつ動いていたり、大阪城の天守閣とほぼ同じ標高だったり他県の人が知らないことは多いです。

今日はびわ湖のことをもっと知ってもらうためにびわ湖の雑学を紹介します。

 

びわ湖の秘密

びわ湖はいつできた?

広大な面積を誇っているびわ湖も最初からこの大きさだったわけだはなく、地殻変動を繰り返しながらだんだん大きくなっていきました。

びわ湖の始まりとされているのが、400万年前現在の三重県伊賀市に大山田湖という湖ができました。この湖は一度土砂で埋まってしまいます。

その後、阿山湖(あやまこ)→甲賀湖(こうかこ)→蒲生湖(がもうこ)→堅田湖(かたたこ)→びわ湖の順に無くなったり復活したりを繰り返して現在の形になっています。

また湖は川からの土砂が堆積するなどして普通数万年もすれば無くなることがほとんどです。

しかし、びわ湖は400万年の歴史があり、世界でもバイカル湖、タンザニーカ湖につづく世界で三番目に古い湖なんです。

 

毎年北に3センチずつ動いている?

びわ湖が毎年少しづつ移動していることを知っていますか?びわ湖が移動しているのは滋賀県の人ならたいてい知っています(小学校で習う)

ですが本当は阿山湖ができた位置から現在の場所に置き換えると毎年3センチ移動しているだけで、真実は北に少しずつ移動しているのが正解みたいです。

このペースでいくと何十万年、何百万年後かには日本海とつながっているかもしれません。

びわ湖の標高は大阪城の天守閣の高さ

びわ湖の標高は85.6mでこれは大阪城の天守閣とほぼ同じ高さです。

びわ湖は約450本の河川から水が流れ込みますが、出ていくのは2本です。

瀬田川と「琵琶湖疎水」という人工河川です。

疎水は流れる量を調節できます。京都の人にバカにされたときに滋賀県民が言う決めゼリフ「水止めるぞ!」がこの疎水です。これは後日また紹介します。

びわ湖は瀬田川→宇治川→淀川と名前を変えながら大阪湾に流れ込むのである程度の高さがないと流れないのでこれだけの高さがあるのでしょう。

関西の水瓶と言われるびわ湖は、京阪神の多くの人の生活を担っています。そやから滋賀県バカにしたら水止めますよ。笑

急がば回れの語源

びわ湖の湖上は昔から多くの船が往来して交易が盛んにおこなわれていました。

室町時代から江戸時代にかけて活躍した「丸子船」という船が湖上で活躍してました。

びわ湖の平均水深は4メートルなのですが、この丸子船は浅いところでも動きやすいように船底が丸い独特の形をしていますが反面転覆しやすいという弱点も抱えていました。

というのもびわ湖は西側にある比良山や比叡山からの吹きおろしの風が非常に強く、丸子船はよく転覆していたそうです。

それを受けて室町時代の連歌師の宗長(そうちょう)が

「もののふの 矢橋の船は 早くとも 急がば回れ 瀬田の長橋」

武士が矢橋(びわ湖の東側の地名 現在の草津市)から丸子船に乗って反対側に渡れば早くつくけど、急いでいる時こそ 瀬田の唐橋(びわ湖の南部にかかる約260mの橋)を渡れ

意味

昔、京都へは陸路で向かう場合はびわ湖をぐるっと回り瀬田の唐橋を渡るしかなかった。

矢橋から船に乗れば、びわ湖を横断しショートカットできるが、比叡山からの吹きかえしの風が非常に強く危険で転覆することが多かった。

そんな危険を冒すぐらいなら最初から遠回りをして瀬田の唐橋を渡る方が安全に早く着く。

まとめ

いかがでしたか?びわ湖は色んな魅力が詰まった滋賀県のシンボルです。

きれいな風景だけではなく、歴史もある湖です。

あなたも一度訪れてみてください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。バイバーイ!

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

滋賀県の雑学の最新記事8件

>
CTR IMG