格安SIM?格安スマホ?乗り換え(MNP)するだけでスマホ代は安くなります。

こんにちわ、ふみです。

我が家では格安SIMを使ってから私が2年オットが3年になります。元々新しもの好きのオットですが、格安SIMはコスパもいいとの事なので色々と調べていち早く導入しました。

1年間使ってみて使い勝手も満足したので私にも格安SIMをすすめてくれました。

結果は

「もっと早くすすめてよ!」

私も2年使いましたが、使用感も機種を間違えなければ悪くない。格安ってついてるけど、お値段が格安なだけで性能もいいし、コスパもいい。

今回は私が2年使用して感じたメリットとデメリットをお伝えします

周りと比べて圧倒的に安い

まずは毎月のスマホ代が圧倒的に安くなります。

契約するプランにもよりますが、我が家の場合2人で合わせて1万円/月ほど安くなりました。

なぜこんなに安くなるかというと、まず自社で通信回線を持っていないことです。

ドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの通信回線を借りてサービスを提供しているので、設置するための工事費用、メンテナンス費用がかかりません。

また、格安SIM、格安スマホを販売している会社はネットでの申し込みが主流なので店舗の維持費もかかりません。

こういった工夫で価格を抑えているのでスマホ代が安くなります。

 

スマホ代が安くなる仕組みはまだまだあります。

我が家がスマホ代が高くなっていた1番の原因はパケ放題とかけ放題です。このふたつの組み合わせが家計を圧迫していたんです!

パケ放題はそんなに通信しなくても定額でお金がかかるし、かけ放題もLINEで電話をすればいりません。それでもプランがそれしかないので入っていましたよね。

格安SIMは自分でプランを選ぶところから始まります。まずデータ通信量を選び、電話かけ放題などのオプションを選びます。

今まで使用していた大手のプランと違い自分でプランをカスタムできるので、データ通信や電話については使う分だけを支払います。

そうすることにより、大きなコスト削減ができます。

 

次はデメリットです。格安SIMはスマホ代が安くなる反面、少し契約時に知識が必要になります。

プランの選択や機種選びなどを間違えるとそこまで安さを実感できないことになるので、以下のデメリットを参考にしてみてください。

 

  • 安く運用しようとするとデータが足りなくなる
  • 通信速度が遅くなりやすい
  • LINEでID検索ができない
  • クレジットカード決済が必要
  • 設定は全部自分で

 

 

安く運用はできるけどデータが…

まずは価格面。格安SIMは安く運用できますが、値段はデータ通信量に応じてというのが基本で、データ通信を多く使えば使うほど価格が上がっていきます。

各社多い価格帯が

1GB1200円/月

2GB1500円/月

3GB1700円/月

6GB2300円/月

7GB2800円/月

10GB3200円/月

12GB3500円/月

あたりになってきます。

注意しなければいけないのは通信料が既定の量を超えると1GBあたり追加で500円程度かかります。なので通信制限を気にしてストレスになったり、余計にお金がかかるのはもったいないと思う方は余裕をもったプラン選択をするのがおすすめです。

通信速度はばらつきがあります

あなたも通信速度は気になるところだと思います。

実際にはたまに遅くなるけどそんなに気にならない。と言う印象です。

電波はドコモ、au、ソフトバンクとキャリア各社あります。現在は多くの格安SIMの会社がドコモ回線を使っていますが、よくCMを見るY!mobile(ワイモバイル)はソフトバンクの電波。UQモバイルはauの電波を使用しています。

私はビッグローブという会社の格安SIMを使っています。ここはドコモの電波を使用しているのでドコモの電波の入る場所では同じように電波が入ります。

通信速度に関しては格安SIMの会社は大手の電波を借りてはいますが、ばらつきはあります。速い方が便利ですが、私のような主婦の場合、学生さんほど頻繁にはスマホを使用しませんので遅くなければいいかな。と思っています。

LINEのID検索

不便なことといえばLINEのID検索ができません。ただ、ID検索はできませんがふるふるは使えますので近くにいる場合はふるふるを使いましょう。

学生さんと違いそんなにID検索することもないのでデメリットかと言えば、あまり気にならないというのが本音です(辛い)。

決済についてはほとんどの会社がクレジットカードです。

このカード決済になることで急激に面倒くさがる人が多くなりますが、そこを頑張れば毎月のおサイフにゆとりができますので、クレジットカードをご用意ください。

カードを持っていないという方がいらっしゃいましたら、オススメのクレジットカードはこちらです。

設定は自分で

メリットの部分でもお伝えしたように格安SIMはコストを削減するために実店舗を持たない場合がほとんどです。

そのため初期設定を自分でやらないといけません。初期設定ですが、インターネットを使いこなせる世代であれば簡単にできます。

ただ、私の親世代(50代後半)は少し苦戦するかもしれません。ネットや説明書を見ればわかるのですが、今まで店舗でやってくれていたことを自分でやるのに抵抗がある人がけっこういるみたいです。

親世代の人に聞いていると1からやるのは難しいから自分にはできるか不安だし変えないいう意見が圧倒的に多かったです。

機械が苦手な私でも設定することができたので、ぜひ挑戦してみてください。うちの両親は私が設定をサポートしたので、若い方に手伝ってもらえる場合は手伝ってもらいましょう。

そんな人いないというあなた!

大手メーカーのBIGLOBEが設定を6月3日まで無料で行ってくれるキャンペーンをやっています!

BIGLOBEは現在キャンペーンで1年間使うとキャッシュバックがもらえるキャンペーンも併せてやっているのでかなりお得です!

今まで1歩踏み出せなかった方も1度見てはいかがですか?

あなたのスマホ代はかなり安くなりますよ!



 

 会社とプランの選び方は?

ここまでメリットとデメリットをあげてきましたが、結論ほとんどの人がスマホ代が安くなります。

電話を月に何時間もする人は格安SIMはやめた方がいいですが、それ以外の普通の使い方をするあなた。絶対に変えた方がいいですよ。

固定費の減らす方法でもお話しましたが、こんなに手っ取り早く固定費を削減できる方法はあまりないので、動くなら早い方が絶対にお得です。

ではプランの選び方として、まず自宅にWiFi環境があるかどうかで変わります。

WiFiありの場合

データ通信量3GB

WiFiなしの場合

データ通信量5GB

この辺りを基準に考えればいいと思います。あまりネットを使わない人は少しデータ通信量を減らせばいいと思います。

実例

専業主婦+WiFi環境ありの我が家の場合

私の場合

(WiFiあり)データ通信量3GB+通話オプション600円で約2200円

オットの場合

(WiFiあり)データ通信量3GB+オプション(YouTube他見放題)480円で約2100円

我が家の月々の料金はこれぐらいになります。

注意しないといけないのが、通話オプションが無いと通話をすれば30秒あたり20円かかるので上記した料金に追加でかかります。

 

2人で約4300円

…安くないですか?

ここまで安くなると固定費がかなり下がりますので毎月少しの余裕ができます。

  • 家族で外食
  • 子どものおけいこ
  • 貯金
  • 孫におもちゃ  ☜  ココ重要

お給料はなかなか上がりませんが、これならすぐ実践できますね!

通信費は固定費を下げるのにかなり有効ですから早ければ早いほどお得ですよ!

 

まとめ

いかがでしたか?

スマホを格安SIMの会社に変えるだけでもかなりの固定費削減になります。

我が家も節約はしますが、それだけではおもしろくないし続かないので、格安SIMで浮いたお金で1年に1回の旅行を楽しみにしています。

おすすめの格安SIMは

少し高いけど通信速度が早くて電話もかけ放題ならUQモバイル!

店舗が多くてサービス面を重視したい方はY!mobile

YouTubeが見放題で安い!キャッシュバックも充実しているのはBIGLOBE!


HUAWEI HUAWEI nova lite 2 ゴールド5.6インチ SIMフリースマートフォン[メモリ 3GB/ストレージ 32GB] NOVA-LITE 2 GOLD

何度も言いますが、使用感は変わらないので切り替えるなら早い方がお得ですよ!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です