滋賀県大津市は住みやすい!その理由を解説します!

こんにちわ、ふみです。

すごく地味なイメージの滋賀県の大津市に住んでいます。ところがどっこい。

あなたのイメージとは裏腹に滋賀県は実はすごく住みやすくて魅力がたっぷりな街なのです。

まずは滋賀県がどこにあるかですが、天下の京都様のおとなり。東(右)側に位置しています。

そして私の住む大津市は滋賀と京都の県境の南西(左下)に位置する市町村です。

今回は私の住んでいる大津市の住みやすさをメリットデメリットを見ながらご紹介します。

大津市に住むメリットは?

京都、大阪に近い

とにかく京都、大阪へのアクセスがしやすいです。私の住んでいるエリアからだと京都駅までは家を出てから20分です。

近くないですか?そうなんです。近いんです。

大津市は滋賀の端っこなので京都まではかなり近く交通の便がいいんです。

大阪まで足を伸ばしても50分程度で着くので滋賀県以外に遊びに行く場合も行き先に困りません。

 

大津市にはJR湖西線と琵琶湖線の2つの路線が通っており、どちらも大津市内からなら30分ほどで京都まで行くことができます。

また、湖西線と比べると琵琶湖線の方が電車の本数も多く、人口の増加率も高いので子育て世代が多く移住してきています。

 

交通のアクセスの良さに加え、京都や大阪よりも土地が安いので移住にはもってこい。さらに若い人が増えているので大津市近郊には大型のショッピングモールも増えてきてます。

自然が多い

 

大津市は日本一の大きさを誇る琵琶湖に面し、京都との県境を比叡山、比良山という山に囲まれ、これら四季折々の美しい風景を年中楽しむことができます。

春は三井寺で桜を鑑賞。夏は琵琶湖で泳ぎ、秋は登山を楽しむ。冬はびわ湖バレイで琵琶湖を眺めながらウインタースポーツを楽しむ。

大津市はこんなことができる自然豊かな都市です。

歴史的な文化財が多い

滋賀県は、京都(平安京)、奈良(平城京)といった都が置かれていた県と近いこともあり、重要文化財や歴史的な建造物が非常に多いです。

国宝、重要文化財(建造物)の数は京都、奈良に次いで全国で3位に入るほどです。実は日本でも有数の歴史·文化を有する県なのです。

そして大津市は1度だけ歴史の表舞台に登場します。

なんと大津市には天智天皇が納める大津宮(おおつのみや)という都があったのです。

この方は歴史の教科書には

中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)という名前で登場します。

そして天智天皇という名前に変わり、大津宮を668年から672年の間崩御されるまで治めていました。

天智天皇の行った事業で有名なもので

漏刻を設置し、時間を知らせた。」というのがあります。

要は日本で初めて時計を取り入れた方なのです。

現在は天智天皇がいた大津宮にほど近い近江神宮が日本の時刻発祥の地として認定されています。

子育てがしやすい

大津市には幼稚園、保育園が豊富にあります。

待機児童問題が都会では出ていますが、大津市は待機児童「ゼロ」です。

第1希望の保育園には必ずしも入れるわけではありませんが、保育園に入れないということはありません。

共働きが当たり前の時代ですからこれは大きなメリットではないでしょうか。

大津市では公立の幼稚園や保育園でも未就園児に対して園庭の解放やプレ幼稚園をやっており、子どもやママにも交流の場を設けています。

公園や商業施設が多い

次は子どもと遊べる公園や大型のスーパーが多いことです。

大津市は南北に長い形をしているのですが、地域ごとにまんべんなく大きな公園や大型のスーパーがあります。

自然にふれることもできますし、家族で休日に買い物にも出かけられますし、ストレスなく過ごせています。

外食できるお店も多いので、仕事帰りにスーパーで買い物がめんどうな時、疲れてご飯作るのが辛い時にも困りません!たまには外食しちゃいましょう。

大津市のデメリットは?

道が混む

大津市は地形の関係で西側に山(比叡山、比良山)東側に琵琶湖に挟まれているため幹線道路の数が少なく、渋滞が非常に起きやすいです。

田舎以上都会未満なので車がないと生活が不便で、皆が車を使うので休日は非常に道は混雑しています。

湖西線が停まりやすい

大津市は南北に長いのですが、その西側を縦断するようにJR湖西線が走っています。この湖西線がよく停まります。

大津市の北側には比良山があり、冬になると山沿いにかなりの強風が吹きます。風速は10mを軽く超えるほどなんですが、湖西線は高架を走るので一定の風速を超えると電車が運休する事態に陥るんです。

[memo title=”MEMO”]最近の改修工事で風速20mくらいまで大丈夫になってきました。昔よりは停まらないようにはなってきていますね。[/memo]

良くも悪くも高齢の方が多い

大津市は高齢の方が多く空き家が増えてきています。

空き家が多くなり、そこへ県外から移住してくる方が多いのですが、そこには昔ながらの自治会や子供会の行事があります。

自治会の行事はけっこう多いところは多いのでそれをめんどうに感じる方もけっこういるみたいです。

近所づきあいが嫌な方は新規の団地へ引っ越す。もしくは駅前のマンションも検討してみてはいかがですか?京都や大阪の方が非常に多いですよ。

琵琶湖のにおい

夏場は琵琶湖がすごく嫌なにおいになります。藻の大量発生やプランクトンなどが原因ですが、慣れることはないです。地元の人もそれが琵琶湖だと思ってあきらめています。

まとめ

いかがでしたか?

私はずっと住んでいるので当たり前になっていますが、県外から移住したお友達は

滋賀県て住んでみたらいいところだね

とよく言われます。

私自身も地味なところ意外は、滋賀県て非常に住みやすいコストパフォーマンスのいい場所だと思います。

四季の表情が豊かなので皆さんぜひ1度遊びに来てください!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

大津市のことの最新記事8件

>
CTR IMG